タグ:見学会 ( 3 ) タグの人気記事
完成見学会をするということ
去年の年末、契約前の最後の打ち合わせの日。
保証の説明と工程表について質疑応答がありました。
今回お願いしている工務店はOMソーラーの加盟店なので
OM共済会の保証制度を使ってます。
OMソーラーが家につかなくても
OMソーラー加盟店なら共済会が利用できるってことでしょうか。
OM共済会の保証は地盤保証、完成保証、建物瑕疵保証の三本柱。
これらをパンフレットを元に説明していく営業さん。
フンフンと聞く夫。
営業さんは夫の方に向かって熱心に話す。
わたしは正直あまり興味がないので都合がいい。
夫よ、聞いていておくれ。
できれば保証を使うことなく工事すすみ、
無事完成してそのまま穏やかに住みたいものだ、
とおもいつつ話を見守る妻。

工程の説明に話はうつり、工程計画表を見せてくださる。
ほうほう、1月に着工して、4月中旬にはほぼ建物が完成、
残りは外構工事や造園で、5月の○日に引渡し、、、
あっ!待てよ、、、。
引渡しの前の週の土日、”完成見学会”っていう文字が!!
今まで夫に向かって説明していた営業さんが
私のほうをくるりと向く。
a0116387_755425.gif

「お引渡前、最後の土日に完成見学会を
 やらせていただけたらと思うのですがいかがでしょうか?」
私のほうをみて、「いかがでしょうか?」
なんで私に承諾を求めてくるんだ?!私のほうが抵抗すると思われている?!
一般的に”妻”のほうが抵抗勢力?

そもそも、完成見学会って、基本はね、
自慢したいような立派な家ができたときとか、
イメージどおりの家ができました!頼んでよかった!ありがとう!!
っていうときにやるのでは?
注文住宅なので、自分たちの生活に合った家にプランしてもらったとは思ってる。
なら、我が家が自慢したいような立派な家かといわれれば、
予算の関係でガッツリ削ったところもあるし、
結果的に小さな家になっちゃったから、一般的にそうは見えない、ハズ。
なんてったって、すぐ南に、すんごい立派な大きな家がたっているから
その裏に建ってる小さな家なんて、ほーんとチッポケなもの。
まだ図面の段階だから、イメージどおりなのかどうかもわからない。
建ってもいない状態で完成見学会を承諾するのも、どうかなぁ?

そう思っていると、「いいんじゃないの?」と夫。
ええー?見学会、やるの~~~?
夫は、”おまえ、あんなに見学会行っといて自分はやらないつもりなのか?”
という目線を送ってくる。そうなんですけどね~。
この工務店の見学会、何軒か見させていただいております。
家の雰囲気、間取り図ではわからない三次元のつながり、
標準的な仕上げ方、建具、取っ手、
施主希望のこだわり建材、カタログでみたものの実物など
本当に参考になったと思ってる。
完成見学会は工務店の営業活動の一環という位置づけではあるけれど、
自分たちの同じ世代の家作りに協力するという意味では
やってもいいかなぁ?
「じゃぁ、、、工程表どおり進んだら、見学会をやるということで。」
と仮承諾することに。

それから工事が進み、ほぼ出来上がった4月。
「無事工程どおりすすみましてー。
 ところで完成見学会、よろしいでしょうかー。」と確認がはいる。
営業さんからも、現場監督からも。
妻にも夫にもそれぞれ確認をいれる念の入れ様。
a0116387_7565439.gif

そうだなぁ。出来上がったおうちは、イメージどおりのところあり、
予想外のところあり、完全にイメージ違いのところあり!というところ。
”イメージどおりです!ありがとう!”にはならなかった。
ああ、家作りって難しい。
それでも、名古屋のような地方都市にも増えつつある
旗状地という条件の悪い土地のわりには、
まあまあうまくいってるような気もする。
こういう例もあるっていうことで、
これから家作りのヒトの参考になるかしら。
a0116387_7573030.gif

夫は相変わらず、
「いいんじゃないの、見学会。」と容認の姿勢を崩さない。
ということで完成見学会、やりそうな流れになってます。
決して、自慢するためにやるわけではありません。
いいとこも、イマイチなところも含めて見てもらうのことは
イイコトかなって。

a0116387_1634166.gif完成見学会、すっごい恥ずかしいです!
そんなお施主さん、多いんじゃないかなぁ。
同感だったら、ワンクリックお願いします(住まいランキングへ)
 
[PR]
by onbuusagi | 2009-04-19 08:04
施工店探し その2
昨日の続き。

土地を購入し、さあ今度はおうちをたてるよ!
という気分にはならなかった私たち。
それは土地を買うのにローンを使わなかったから。
共働きで働いてきて、
自分たちでもびっくりするくらい貯めることに成功したのに、
いまや残るはわずかな通帳残高のみ。これで家建てる気、します?
それに、土地の購入にローンを使うと、たいてい
”半年以内の着工”など、早く家をたててね!という
条件がつくことが多いみたいだけど、
わたしたちにはそういった制約がない。
家を建てず、そのまま雑種地で保有しててもOK!
でも、払った不動産取得税ぐらい戻ってきてほしいし
家を新築するとほぼ戻ってくるらしい)、
保留地組合が解散したら固定資産税も払わなきゃいけない。
それに子供のことも考えて
小学校に上がるまえには新しいおうちに引っ越そう。
2年ぐらいがメドかしら。その間に家の頭金も多少用意が増えるでしょう。

そんな風に考えていたものだから、
土地を買うときにお世話になったハウスメーカーが契約を求めてきても、
まだ早いです~、って逃げ腰になるのは当たり前。
「今ならオトクなんです、契約してくだされば1年後着工でも大丈夫ですよ。」
なんていわれても、一年あれば気が変わるのに十分すぎる期間。
あなた(ハウスメーカー)とその間両思いでいられるかどうかなんてわからない。
それに、、、、おうちを建てる価格が思っていた以上に高い。
家って2000万ぐらいで建つんじゃないの~?と予算組みしてたこちら側としては
ハウスメーカーに提示される金額は毎回驚くばかり。
キャンペーンで坪65万?!それじゃいつもはもっと高いの~?!
別のハウスメーカーでは、提示されたプランからちょっと間取りいじったら
いきなりぽんっっと価格が上がったり。
うへぇ~、注文住宅っていいながら、通常外は高いんですねぇ。
夫もわたしもこの価格が本当に妥当なのかが分からない。

そんな風に戸惑っていると、営業さんはこういった。
「確かに高いです。でもそれくらい価値があるものだと自信があります。
 ぜひ実際の建物をみてください!」
要は、僕を好きになってくれ、
そうすると、支払う価値があると納得できるでしょ、ということなのか。
今提示されているプランぐらいの大きさのおうち、36坪程度なんだけど
リアルサイズの実物を見てみるもの大事よね~。
お誘いに応じて、週末、完成見学会に行ってみることに。

現地でひときわ目立つ白い外観。カッコイー!
「ここのおうちは土地は坪●万円円で買われて、家は●千万円です。」
と営業さんは教えてくれる。
うひ~~~!!今私たちに出されているプランよりかなり高いじゃない!
みんなそれぐらいでおうち建ててるのかしら、、、。
中に入ると、一階は個室、2階はリビングと水周りがある。
特にリビングダイニング。
a0116387_1063025.gif

グリーンのマーブルシンクが明るい、ヤマハのオープンキッチン。
北側に大きく窓をとっているので落ち着いた光が入ってくる。
キッチン近くのテーブル上には北欧の照明が。
金属製のリビング階段。上にはロフトっぽいちいさな空間。
そして、床はメープル?っぽい明るい木肌、
壁一面シロ、シロ、シロのクロス張り。
白を基調とした空間。南に明るい窓辺、あたりにソファーとTVをおくんでしょう。
お気に入りの家具とキッチンに囲まれて、、、、。
わたしには、なぜかこれがつらかったんです。
a0116387_1065258.gif

住宅雑誌に典型としてでてくるこの姿が。
この家には家具が似合うようになっている。というか、置いて完成するような感じ。
わたし、おしゃれな家具おきたかったはずなんだけど。
直感的に「わたしにはここに住むの無理。」、そう思った。なんで?
夫は、「う~ん、普通。」という感想。
金額の割には中は普通、っていうことなんでしょうか?

ほかのハウスメーカーはどうだろう、と
いくつか36坪程度のおうちをみせてもらったけれど
やっぱり、あの金額を出して「この家に住みたい!」と思わない。
そして、素敵な家具をおきましょうよ、
モダンリビングでいきましょう、という内装がやっぱりなんだか受け入れがたい。
わたし、内装の質感が気に入らないのかしら?
この感覚に、ずっーーーと悩まされる。
どのハウスメーカーも採用している内装材が似ているからか、
家の中はどこも同じ印象。違いが分からない。
夫はいろいろ見るうちに、家の価格ってこういう相場なんだ、
と納得感がでてきた模様。
この頃は月に最低2回は住宅をみたり、展示場に行ってたりで
おうちめぐりもそろそろ飽きてきた模様。
「そろそろハウスメーカー決めようよ。」。
、、、、ええ、わたしも疲れてきました。
でも、なんだか踏ん切りがつかないのです。
言葉で理由を説明できないので夫もイライラ。

さあ、どうする? 

来週に続く。


a0116387_1634166.gif住まいランキングに参加中デス。
ワンクリックお願いします!(住まいランキングへ)
 
[PR]
by onbuusagi | 2009-03-13 10:16 | 家づくり
見学会にいこう!
2月は駆け抜けるように過ぎ去り、もうすぐ3月。
早いものですねー。
3月といえば、おうちの引渡しが多い時期。
この引渡し前に、完成見学会が行われることが多いです。

ところで”引渡し”って言葉、なんだか気になりません?
おうちを建ててる間は家は工務店のものなんですよ。
引渡しされて、初めて自分たちのものに。
わたし、知りませんでした!
だから引渡し前に工事会社がつぶれちゃうと、
その引渡し前の物件は工事会社のものなので
工事を続けさせることはおろか会社の”資産”?として、管財人が管理。
わたしたちはどうするか方針が決まるまでなにもできません。怖いですね~。

おっと、話がそれました。
最近身近で更正法とか、破産した会社があったものですから
ついつい話題がふらふらと…。

話をもとにもどすと、
見学会いくのってわたしすごく大事だと思うんです。
見学会では、
自分たちの予算で建てられている実際のおうちをみることができます。
行ってみると、
写真や展示場、カタログとかなりイメージが違ったり、
そこから自分たちの家に対する思いが明確になったり。
また、同世代の家作りからは
照明といった小物選びや、キッチン・お風呂といった設備から
造作の工夫、間取りなど共感できる”胸キュン”ポイントが必ずあります!
少なくともわたしにはありました!
雑誌や本、ブログで情報集めているだけよりも、すごーーく納得できます。
暖かくなってくるこの3月、おうちの計画をされている方はぜひ
お近くのハウスメーカーや気になる工務店など
インターネットで情報を集めて、おうちめぐりしてみてはいかがでしょうか?

では、私たちの最初の見学会はというと、、、
ハウスメーカーに「わたしたちの予算で建てられたおうちがみたいんです。」
と頼んだところ、
引渡し直前のおうちの鍵をあけてくださって、見学させてもらったのが最初かな?
でもこれは”見学”であって、”見学会”ではないですよね。
初めての見学会は、、、。
a0116387_1181076.gif

わたしはインターネットでの告知をみて
夫に車でつれていってもらった記憶があります。
場所は名古屋の北。三河から名古屋横断状態。ちょっと遠かったです。
さあ、目的地に近づいてきたぞ、場所わかるかなー?というところで
見学会案内の”のぼり”がタイミングよく出現。無事到着。
ついたら、挨拶もそこそこに、必ず名前、住所等書く。
そして手袋着用し、中へ。
子供はビデオのみることができるキッズスペースへ。大人は見学。
気になったところは、近くにいる工務店の人に聞く。
そして大方質問もなくなったら終了。さよーなら。
おおよそ30坪ちょっとの家だったら15分もあれば見終わります。
家をプラン中だったら、もっと細かく、
食器棚の幅とか建具のデザインなど細かくみるんでしょうけど、
一番最初の見学会なんてあっさりしたものです。
それより、なんだか気恥ずかしいんですよねー。
家のこと、そんな知ってるわけでもないのでたくさん質問できないし、
ほんと、見ただけ。
でも、見学会の回数を重ねて、
わたしたちの家作りが進行したりなんかしちゃうと
見るところが変わってくるんです。不思議ですねー。
私たちの家が着工してからも見学会に参加中。
おうちをみてると、
あー、このお施主さんも家作りのドタバタを乗り切ったんだー、
すごいなー、今、引渡しを前にどう感じてるんだろう?と
複雑な思いがします。

で、その帰り道。
a0116387_11165813.gif

夫が「あそこで○○していた人いたじゃない?アノ人、家の持ち主だね。」
ですって!!えーーーっ、知らなかったー!!
わたし、おうちの中で話してるとき
「なんでこんな風にしたんですか?(イマイチ風に)」とか
いわなかったかしらー?!!
見学会にはそのおうちに住むことになるお施主さんも
まぎれている可能性があるので
決して失礼なことを言ってはいけない!
というのが最初の見学会で得た教訓。
・会場内では言葉を選ぶ
・早く終わるので、せっかくの遠出、会場近くのおいしいお店なんか調べていく。
この2点が楽しむポイント?

わたしなんか、まだ見学会に行きたりないみたいで、、、。
もう家が着工しているのに
他の工務店の見学会ページみながら、いきたいなぁ、なんてため息でたり。
だから家作りこれからっ、っていう方がホントうらやましいです~。


a0116387_1634166.gif住まいランキングに参加中デス。
ワンクリックお願いします!(住まいランキングへ)
 
[PR]
by onbuusagi | 2009-02-28 11:29 | 家づくり