床の香り
床材とインフルエンザのお話。
a0116387_4364458.jpg

娘の熱はあっという間に下がり、
子供ですもの、家の中で力をもてあます毎日。
外出禁止解禁あともう一日!というところで
晩にまた熱があがる。
その熱の上昇がするどくて、楽天家なわたしもさすがに怖くなる。
さらにインターネットで幼児の死亡例なんぞみてしまうと
悪い方向へ考えてしまったり。

発熱を確認してから数時間、
様子をみてみると、氷枕から頭がおちて、床のほうにくっついている。
床がヒンヤリ気持ちいいのかな?
わたしも床に頭を乗せてみた。
ほんの少しだけ冷たくって、そしてかすかにヒノキの香り。
見た目で選んだ床材のヒノキ。
住んでみてからというもの、構造材のスギの香りがとても強くて、
ヒノキの香りを感じたことはなかった。
熱っぽい体に気持ちよさそう。
そういえば、畳のイグサの香りも気持ちいい。
飽きることのない香り。
氷枕に頭を戻さず、このままでもいいかなー、
なんてみてたら
「頭は枕の上!」と夫が戻してしまった。ありゃりゃ。


↓↓↓ワンクリックお願いします!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


その後また熱がさがり、また元気な顔をみせた娘。
このままおとなしくしていれば
無事完治までいけそうな予感。
[PR]
by onbuusagi | 2009-10-27 04:38 | 家づくり
<< お久しぶりです。結露してますか? 靴渋滞解消法 >>