今度は冷蔵庫がやられました、、、。
インターネットは新しい無線子機がやってきて
無事つなぐことができました。よかった、よかった。

で、今度は家電。

冷蔵庫についても以前設置スペースやら位置について
文句まじりにゴチャゴチャ書いたのですが
不満をいうっていうのは
なにか悪いことを引き寄せるパワーがあるんでしょうか。
冷蔵庫、不調。
今月はじめ、冷蔵庫の扉をみると
操作パネルのランプがピッカン、ピッカンと点灯状態に。
点灯状態だと”危ない”ということ?
そう感じるのは、ウルトラマンのせいかしら。
操作説明書を引っ張り出して調べてみると、
”異常ですので、サービスセンターにご連絡ください。”。、、、当たりです。

早速午前中に連絡して、操作パネルの状態を伝えると、
サービスセンターのお姉さんはこう言った。
「修理が必要になる可能性が高いです。
 見積もりのためお伺いしてもよろしいでしょうか?」
う~~~ん、使用8年目の冷蔵庫。
修理費がすんごいかかるのなら思い切って買い替えも視野にはいってくる。
「修理費はどれくらいかかりますか?」と聞いてみると
「それがなんとも、、、。見てみないと分からないところでして。」と
お姉さんは困った風。
サービスマンに来てもらうとなれば、
出張費との名目で基本3000円ちょっとはかかるよう。
どーしよっかなぁ。
修理がどれくらいかかるのかどうか分からないんじゃなぁ。
それでも、今頼むと明日来てもらえるし
即日対応できる修理もあるとか。
こちらの事情としては、
わたしは新しい商品を選ぶのが遅い、
明日出産にでもなってお義母さまがいらしゃっても、
冷蔵庫がウルトラマンだと不便だろう、
ということもあって、すぐに修理できることを願って思い切って頼むことに。

次の日サービスマンはやってきた。
a0116387_67955.jpg

まつげバサバサ、鼻筋ぴしーーっのオンナ顔。
げげっ、、、このサラサラヘアの美形男子に冷蔵庫を点検されるの?!
お義母さま対策として賞味期限切れ食品はいれてないし、
通常より小奇麗にしてるとはいっても、、、なんだか抵抗あるなぁ。
症状を伝えると、
オンナ顔サービスマンは冷蔵庫の前に養生マットを敷いて作業開始。
冷蔵庫真ん中の野菜室のストッカーをテキパキ取り外し始める。
白いボックスをガコツ!ガコツ!!
えっ?!そんなところまで取り外しできるの?!
買ってから一度も拭いてないよ!!
なかには汁らしきものがついている。。。
、、、はずかしくて作業から目をそむけてしまう。
a0116387_673324.gif

「霜とりセンサーが壊れてるようですね。」とサービスマン。
霜がとれなくなったからか、
冷蔵庫部品にがっちりげんこつ一個分の氷がついている。
それをスチームでとかしてとり始めながら
「センサー異常だけなら、今修理できますよ。」とのことなので交換を依頼。
全部で30分かからず作業終了。費用は12,000円ちょっとでした。

「もし、1日たっても冷えてこなかったらコンデンサ異常の可能性もあります。」
と言い残し去っていったサービスマン。
冷蔵庫の故障のピークは8~10年のあたりにあるらしい。
コンデンサがやられると作業が大掛かりで買い替えのほうが、、という話だったが
数時間後、無事に冷えていた。
この冷蔵庫、正直好きではない。
相変わらずモーター音がうるさいし、中の仕切りが使いにくい、
容量足りなくなってきてるし、扉カラーは新婚カラーのピンクだし。
でも、8年使用して、4回の引越しについてきたからか
ポイと買い替えには抵抗がある自分を発見。
コンデンサ異常になるまで、
あるいは家族の食パワーが倍増するまで買い替えはなし、でございます。


↓↓↓ワンクリックお願いします!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



※記事中に”コンデンサ”とかいてますが、”コンプレッサ”だったかもしれません。
 冷却に必要なガス周りが壊れたら大掛かり、みたいなお話でした。
[PR]
by onbuusagi | 2009-10-14 06:09 | 家づくり
<< 携帯電話置き場ってつくりました? 踏み台買いました >>