土地を値切りたい
子供を連れて行く近所の公園は、
保留地組合のバラック小屋があったあたり。
公園で子供を遊ばせながら、ぼんやりあたりを見渡していると
土地探しをしていた頃を思い出す。

例えば、土地を値切りたかったこと。
いくら保留地組合が、
「つい先週値下げして、坪あたり○万円になりましたー。」といっていても
○千万動くんですもの、値切れるものなら値切りたい。
夫はめずらしくやる気をだした。
a0116387_725205.gif

夫はついこの前まで営業職だった。
たった2年間の営業だったけど
「営業一年目で社内2位になった。」と自慢していた実力派。
といっても、本人申告のため若干話が怪しいが、
事務系のわたしより交渉ごとはトクイのはず!
そして夫は、高く買うことより安く買うことに価値を感じる関西人!!
よーーし、いけいけ!!値切っちゃえ!!

夫が狙いを定めたのは公務員風の職員さんのほう。
いつも一緒にいらっしゃる地元の人がいない間に
なんとなく土地のことについて話を始める。
わたしは余計な口出しはしないようにしよう、と
子供と一緒に離れて遠くから様子をみていた。

で、しばらくして戻ってきた夫。
「ダメだったよ、、、。」
「え~~~~~~~?!」

なんでも、土地の話をしてたら職員さんの苦労話が始まったそう。
周りの新しい戸建てを見回しながら、
「ここらへん、ほんとになにもなかったんですよ。」から始まり、
長い間この保留地活動をやっていること。
土地を売り出してもぜんぜん売れなかったこと。
最近になって、
a0116387_72539100.jpg

土地がイキナリ売れ始めたそうだ。
夫はそんな話を聞かされて、値切りにくくなったらしい。
「もう何回も値下げしたらしい。
 多分この値で買ってくれ、ということなんだよ。」
なにそれ、完全に相手にのまれてるじゃん、、、。

結局値切れず。
おまけに、その男性からは
「3月までに決めないと。
 4月には印紙税減税の特例が続くかどうかわかりませんのでー。」
と、5千円くらいの金額をタテに年度内契約をすすめてくる。
いやいや、それより坪単価が5千円下がったほうがうれしいんですって。
心の中で値切りトークが渦巻くものの、わたしも口に出せず、
「あーゆー特例の更新ってギリギリまで継続決定しないんですねぇ。」
なんて答えるだけ。

皆さんは値切って買いました?
シロウトな二人に値切りはムリでした。


↓↓↓ワンクリックお願いします!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by onbuusagi | 2009-10-11 07:10 | 家づくり
<< LAN配線失敗 台風の爪あと >>