におう建材
我が家の建具や家具は
シナ合板、またはポリ合板というもので作られている場合が多い。
洗面所と洗濯機置き場を区切る壁はポリ合板。
a0116387_7255852.jpg

工事中の写真ですいません。白い壁の部分です。
見た感じ組み立て家具の素材に似ています。
似ているというか一緒かも?
チップボードみたいなものに薄く白い塗装がかかっている。
最初のプランではここはシナ合板だった。
そこを「洗面所はシロっぽいほうがいいなぁ」、と思っていたので
「ポリ合板にしたい」といったら
「なんていうか、ポリ合板は年月がたつと汚いカンジになるんですよねぇ。」
と突っ込まれてちょっと迷ったけど、結局変更。
価格もシナ合板のときより少し安くなったしね!
その後、出来上がったものをみて、
隣の人工大理石のカウンターとマッチしてるじゃない、
と、とりあえず満足していた。

ただ、ここのポリ合板、におうんです。
もう入居2ヶ月。
ポリ合板は玄関収納の仕切り棚、食器棚の仕切り棚などにも使ってるんですが、
入居直後は感じたこもったにおいも、今はほとんど感じない。
でも、この洗面所の洗濯機棚部分はなぜかにおい続けています。
いや、毎日におっているわけではない。
においの強さが違っている。
今日はあまりしないなー、
あっ、今日はするなー、というふうに。
そんなチェックを毎日続けていたら、、、、、
a0116387_7281294.gif

もうすっかり日課に。
洗濯機使うときとお風呂にはいる時、
脱衣するときには必ずにおいを嗅いでいる自分。

↓↓↓まとめはバナーの中で。↓↓




↑お盆の工作第2弾。えらい時間がかかりました。。。
 exciteブログって、javascriptの使用に対してすごーく厳しいんですね。
 ブログパーツも”認定”ものだけだし、大変だぁ。
 エキサイトブログ (Exblog) のプチカスタマイズ
 CSSを使う道を気づかせてくれたので、ソレっぽく作ってみました。
 またそのうちお直しして再チャレンジだ!
[PR]
by onbuusagi | 2009-08-14 07:30 | 家づくり
<< イエの面倒の合間をぬって帰省する はじめての床オイル塗装 >>