照明は難しい  その3 カタログのアイコン
ライティングプラン。
インテリアコーディネートで真っ先にでてきた照明案。
昨日それを見ながら記事を書いてたんですが
いまさらながら
「カタログ表示の意味を知らずに選んだなー、、、。」と悔やんでます。
あの時は照明の形ばっかりに気がいってたからなぁ。

例えばわたしが超お気に入りの玄関灯の表示
a0116387_536931.gif

このソフトスタート、フェードアウトのアイコンがついていれば
じわわーーーん点灯パターン、ということ。
そんなアイコン情報で灯り具合が想像できたかといえば分からない。
けど、カタログ借りて見てベンキョーしとけばよかった。
選んでいるときは、
カタログみると、スタイリングされた”使用例”をみて
絶対高いイイヤツを選びなおしちゃうだろうなー、とある意味避けてた。
どっちがよかったのかなぁ?

今回たくさん採用した大光電気というメーカーは
今まで知らなかったけれど、街の電気屋さんにも扱いがある照明メーカーらしい。
インテリアコーディネーターさんいわく
「主に商業建築で使われてまして、松下さんよりお安いんですよ。」ということだった。
イオンのトイレでふと見たダウンライトは確かに大光電気製。
ただ、名古屋にショールームがないのが残念。
大光電気のホームページは7/10にリニューアルして以前とかなり違う雰囲気に。
オサレ。
でも膨大なページ量のデジタルカタログをブラウザで見るのはしんどいので
やっぱカタログ借りときゃよかったなー。

あと照明ついてない場所が2箇所あるから、今度はカタログみよっと。

↓家作りってカタログ通販みたい。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by onbuusagi | 2009-07-23 05:36 | 家づくり
<< ブログ村参加カテゴリー移動しました。 照明は難しい その2 アプローチ灯 >>