無垢板フローリングの水じみをとってみる
また掃除ネタで。

床にチラホラついた水じみ。
以前住んでいた賃貸の床なら
水じみのワを水ぶきすれば無くなった。
今度のフローリングはしみこんで取れなくなるようです。(泣)
基本的に夫が見つけ次第追いかけていたのですが
拭いてもなかなかとれず。
そして、夫の熱が冷めた頃、さあ、わたしもやるかと
ようやく重い腹(妊婦ですから)をもちあげ取り掛かることに。
で、拭いてみたら、、。
a0116387_5305996.gif

ここで負けてたまるか!!
、、、といっても、頼りは
リボスの缶を買ったときに「お試しで使ってみようかな」と一緒に買っておいた
グラノスというワックスクリーナー。
さあ、落ちるかしら。
a0116387_5325442.jpg

希釈目印つきポンプボトルがついているので
そのとおりに希釈して作業開始。
拭くのは、リボス塗りのときに用意して使わなかった
エリエールの紙ウェス。
風合いはまさしくキッチンペーパーだけど、かなり頑丈な紙です。
グラノスの成分は油分なので、ウェスだとそのまま捨てられて便利。
a0116387_532218.jpg

こーゆーのが水じみ。落ちた液体によって、色が異なります。
乾拭きではとれないもの多数床に点在中。
では拭いてみる。さあ、拭き、拭き、、、、。
a0116387_5321731.jpg

落ちた!
この調子でふきふきして、
結果、いくつかは落ちて、いくつかは落ちなかった。。。
時間がたったものだったかしら。

無垢板の水じみを防ぐには、
リボスといった保護オイルをしっかり塗っておくこと、だそう。
そうすると、水じみがつきにくくなる。(つかないわけではないけれど。)
我が家の一階は1度塗りだけの部分が多い。
リボスは「塗ったほうがいい」といわれて塗ったけれど
何回か重ね塗りしたほうが汚れに強くなる、ってはっきりわからなかったからなぁ。
グラノスをワックスとしてオイル塗装の上にぬっておくと
さらに汚れがつきにくくなるよう。
といっても”ついたらすぐ拭く”が基本なのは変わらないけどね。
このまま汚くなっていくのはつらいので
再度リボス&ワックスをお盆休みにやってみようかな…。

あ、ちなみにここであげた手入れ方法は我が家の無垢板の場合。
いろんなフローリング材があるから
手入れ方法はそれぞれ確認してくださいねぇ。


↓↓手入れ用品が高くつくのが難。↓↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by onbuusagi | 2009-07-13 05:39 | 家づくり
<< トイレ収納 夫キレル。 >>