梅雨の室内干しはカーテンレール?
6月の後半から、さすがに雨が多かったですね。
洗濯は毎日1回はしないと間に合わないくらいなのに
乾かなくて、次が干せない、、、。
このストレスは相当なもの。
雨が降ってきたので、
ベランダから乾ききっていない洗濯物をいれていると娘がこう言った。
a0116387_6123375.gif

「このおうち、せんたくものほすとこないねぇ。」
前住んでいた社宅でも、室内物干しつかってなかったのに
何のこと?
ちょっと考えて、そしてわかった。
カーテンレールのこといってるんだな~~~~。
社宅ではしょっちゅうカーテンのレールに下げていた。
6月の半ば、入居半月たっても
カーテンやレールすらつけていなかったので
いつもの”ほすとこ”がないから、ホントに困った。
イヤイヤ、いつかは買うつもりなんですけどね、室内物干し。
実際、pidというワイヤー型物干しをつけようかと考えていた。
でも、建築図面をみても、つけるのにちょうどいい壁がなさそうだなぁ、
また現場をみてから考えよう、なんて思ってたら
工事が進んじゃって下地がないからつけられないことになっちゃったし。
う~~~~ん、下地~~~~~~~。(下地に関して悔やんでいる記事はこちら。)

で、7月になった今、一部の部屋にカーテンレールがついてます。
洗濯物を干すのはこれ。
a0116387_6125910.jpg

TOSOのカーテンレール、 エリートです。
TOSOのレールの中でもお値打ちタイプ。
色はナチュラルグレイン、かな?
当初この部屋に自分が希望していたレールは別のものだったんですが
採寸にいらっしゃったカーテン屋さんから
「窓と壁の間隔が狭いからつけることができない。」との指摘が。
えー、選んだのがだめなのぉ?
こっちなら大丈夫ですよ、と薦められたものがこのエリート。
この部屋はお客さんがはいってこない部屋だし、
まあいっかと数色あるなかから”NEW”マークに惹かれて2秒で選んだもの。
a0116387_6132380.jpg

普通のレールに木目シートがはってあるものです。
カタログだともっと白っぽく見えたけれど、
実際は梁の色とよく似てて、窓辺に馴染んでいます。
まったく期待していなかっただけに意外。
レールはカーテンかけると見えなくなるけれど、
カーテン開ければ見えてくる部分なので、これはうれしい。

で、そのレールに洗濯物を干してみたら、、、
レールの位置が高くて届きにくく、干しにくい。
そうか、、、社宅は窓の高さが180ぐらいしかなかったのが
今は2メーターくらいあるものなぁ。
背伸びしてやっと掛けてます。

買わなきゃなぁ、室内物干し。

↓↓↓と迷っていたらもうすぐ梅雨明け?!↓↓↓↓↓↓

[PR]
by onbuusagi | 2009-07-12 06:13 | 家づくり
<< はじめての電気代 珪藻土のお手入れ方法を調べてみた >>