自分で登記 その2 自分で登記するには
「住所が”7丁目777番”で終わるはずはありません。
 ”7丁目777番地”。最後は番地のはずです!」
「この表記が違います。訂正の印をおして、言うとおりに書き込んでください。」
そんなことを登記相談で延々とやりとりしながら
私が申請書をつくってんのか、作らせてるのか、
なんだかなーと思いながらやっちゃった”自分で登記”。

自分で登記をするには3つの条件が必要だと思う。

1.法務局に通う時間があるか。

 書類提出、受け取りのため法務局に何回か通うことになります。
 所轄の法務局が遠い場合やお仕事されている方は難しいでしょう。
 私の場合、会社の始業時刻が遅いため、
 法務局へ朝一番にいけば30分ぐらい時間がとれるし、
 会社の登記を自分でしたことがある社長も
 「ちょっとの遅刻はOK」、といってくれたので自分でやりました。
 で、結局6回通うことに。

 表題登記相談→申請→訂正→表題登記受理&所有権保存相談→申請→受理

 最初の相談から4週間かかってます。
 遅刻しても大丈夫な日を選んで、のんびりやってたからなぁ。
 訂正や相談がなければ 3回か4回ぐらいが最短かしら?
 かかる期間は、表題登記は申請から約1週間ほど、
 所有権保存は4営業日ぐらい必要らしいです。 

2.建築会社との引きわたしスケジュールに余裕があるか。

 素人が登記をやると時間がかかりますからね。
 登記に時間がかかっていると、ローン締結が遅れる、
 すると最終支払いが遅れる可能性がでてくるので
 営業さんや会社にとってあまりよろしくないことになります。
 最終支払いと引渡しが同時だったら、引越しにも影響します。
 そうそう、最初に
 「自分で登記をやろうとおもうのですが」と営業さんに言ってみたら
 「わたしはあまり登記には詳しくないので、、、。」って煙をまいたような答えでした。
 やっぱいやかなぁ?などと思ったものだ。
 単に詳しくないから”詳しくない”といっただけかも。

 いつから登記申請を出し始められるか、詳細を聞いたことはないけれど、
 完了検査の検査証が出た日を登記上の建物完成日として申請することが多いから
 この日づけが確定すれば表題登記の申請書がだせるとおもう。
 うちの場合は完了検査から引渡しまで1ヶ月以上あり
 その期間を利用しました。


3.図面を作る気があるか

 表題登記には配置図、建物図が必要です。
 建物がシンプルな四角で、土地の形もシンプルなら
 作図はちょっとしたやる気があれば大丈夫。
 複雑な形ならもう少し工夫がいるかも?
 「図面を縮尺コピーでそれなぞっちゃえ!」でいける場合もありますし、
 また建築基準法と登記では床面積の解釈が違うところがあって、
 そのままではダメな場合もあります。
 また、作図はソフトを使って作る人も多いらしい。
 登記相談のとき「CADで作るのですか?」と聞かれました。
 私の場合はadobe illustoratorを利用しました。
 ソフトだと一定の太さの線で直角のある四角形(建物)を描写して、
 用紙に対して垂直水平に配置するのが楽チン!
 わたしが登記のことを調べていたとき
 Wordでやってる方、定規とペンを用意してやっている方
 いろいろいらっしゃるようでした。
 興味があったら調べてみるとよいかとおもいます。

ここでいったん自分で登記の話はおわりー。

↓↓↓↓参考になりましたらクリックよろしく!↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by onbuusagi | 2009-07-02 06:42 | 家づくり
<< 悲しみの歌 自分で登記 その1 登記ってナ... >>