見積もりが高い!
以前ちょこっと書いた植栽計画の続きです。

もともと契約前に造園のプランを提案していただいてたものの
請負契約は結ばなかったわたしたち。
建築中のお隣さんなどの様子をうかがってから、
改めて打ち合わせしましょう、ということになっていた。
そして、4月に造園プランを練り直しての打ち合わせ。
現場で、「あちらには常緑の木。こちらには落葉。」と
植栽プランと木の写真資料を見つつ、
室内開口部からどんな風にみえるかとか確認しながらすすめる。
最初の造園プランでは
”シンボルツリー”と呼ぶような大きな木が3本書き込まれていたけれど、
今度のプランでは2本に変更。
その代わり、アプローチ付近に緑をふやしたり
お隣さんのおうちの窓開口部付近に、
身長よりちょっと高いぐらいの木をかなり増やしている。
木の種類はわたしの希望通り、小さな花や実がなるものが多いセレクト。
夫の希望である「果実のなる木」はプラン上見事に切り捨てられてしまった。
当の夫は気にしていないよう。
いや、気づいていない、のか。
「へー、あの窓から緑がみえると確かにいいですねぇ。」と感心すらしている。
わたしはお庭のことはよくわからない。
ひたすら水遣りのことが気になって、その質問をしきりとする。
あああ、そんなに植えて~~。夏場大変だよ~~。
わたしはそんな風にプランをみていたけれど、
夫がプランを気に入ったようだったので、
この内容で見積もりをだしてもらうことに。
「木の本数が増えているようですが、前のプランのときと金額はいっしょですか?」
とわたしが確認すると、
「うーん、ちょっと高くなってると思います。5万円くらい、、、高くなるかなぁ?」
そうか、高くなるのか、、、。それはちょっとがっかり。
でもこれがベストなプランらしいので、5万円高くなるという心積もりはして
見積もりがでるのを待つことに。

そして、見積もりがでた。
a0116387_4485583.gif

メール添付の見積もりPDFを見た感想がこれ。
今、住宅ローンで借りる金額を確定している頃。
工務店にはらう金額はこれで、手持ち現金はこれだけ、
残り●万円で引越し、家電、ローン、その他イロイロやるのよ!と決めている。
そこで10万以上違ってきたら、これは私にとって大問題。怒りたくもなる。
「いやー、目隠しのため高さがある木をいれようとしたら
 価格も高くなってしまいましたねぇ。」と営業さん。
怒ったわたしに少しだけひるんだものの、いつものとおりイロイロ説明する。
「ベストなプランですしねぇ。」
おまけに、最初メールでこちらが言った
”ベスト”を逆手にとられる。くそぉ。
金額でずっともめてもしょうがないので、その後見積もり内容の確認。
あの木はどーだとか、この木は必要かとか
勝手口あたりは西日がかなり差し込んでいたが
日を遮るためなにか植えてみたいとおもってるとか。
そんな話をしているうちにだんだん落ち着いてくる。
筋書きとしては、やはり今のプランがよいような。
しかし、植栽にかけるお金をそんなに増やせない。
この話の流れだと、
全体的にボリュームダウンして金額を下げるしかない。
あらかじめ、夫とも
「見積もりの金額が高かったのよー。
 詳細確認して、でてる内容に問題なかったら、
 金額を再度指定して、プランを練り直してもらおうか」と話していた。
a0116387_4491989.gif

「じゃあ、こちらでこれをやめてとか決めるのは難しいので
 合計●万円になるよう調整していただけますか?」と夫と決めていた金額で依頼。
「はい、了解しました。」のあとに続いたこの言葉。
a0116387_4494322.gif

税抜きのほうがもちろん高くなるのだけれど。
、、、、、負けた気がした。


なぐさめクリックお願いします。。。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ということで、完成見学会の案内についてる図より
植栽量が変わりました。
一部バッサリなくなったけれど、大事なところは残って、
まあまあのボリュームダウン案をだしていただけました。
よかった、よかった。
[PR]
by onbuusagi | 2009-05-08 04:58 | 家づくり
<< 植栽を選びに行く その1 ハンコおしたーい! >>