トイレはTOTO ピュアレストEX

かなり前に書いたトイレ探訪その1その2
続きです。

INAXのショールームの後はTOTOのショールームへ。
TOTOのデザイン具合のほうが私たち夫婦のフィーリングにあったらしく
TOTOから選ぼうか、ということに。
トイレをみると、もちろん一体型のネオレストがカッコよく見える。
トイレがすっきりしてるのと、あのシルバーメッキの操作ボタンのせい?
ぐるっとトイレの展示を一周しても、ネオレスト以外の機種にはぴんとこない。
しかし、その定価が高い。ビクビクしてしまう。
夫は「TOTOのほうが便座と便器のあわせがしっかりしてそうだ。」といいつつも、
その価格の高さから一体型には興味がないよう。
わたしもトイレよりは別のところにお金を使いたい事情がある。
ウォシュレットがほしくなったら、最近は電気屋さんで豊富に選べるしね。
ここは抑え目に選んでいきたい。

ショールームのお姉さんに
「ウォシュレット一体型じゃないものはどれですか?」
と聞いてみると、案内してもらったものは2機種のみ。
どちらもタンクがついたタイプ。違いがわからない。
お姉さんは「こちらのほうがお掃除しやすくておすすめです。」と
片方のピュアレストEXをさす。
ん??よくみるとピュアレストEXのほうが形が丸っこくてすっきりしているなぁ。
確かに便器前、足元に向かうカーブがすっとまっすぐ下におりて、拭きやすそう!
そしてビスどめがない!
今住んでいる社宅のトイレではビス隠しの丸い樹脂カバー、
どうしてか、なくしてしまったからなぁ。
あのビス、そもそもジャマだと思ってたのよね。
貯水タンクの下もカバーがついていて、ホコリがたまらないようになっている。
ショールームでは上からトイレを見ていたから
そんな足元とか裏とか気がつかなかった!
どちらもオススメされないとわからなかったポイント。
ショールームのお姉さんも、
「そーなんですよねー。このあたりはカタログで大きく載ってませんから。」と
メリットが伝わったことがちょっとうれしそう。
夫はいわゆる”フツーのトイレ”で、かつ”節水型”がほしかったようで
「エコシックスですか?」とINAXのフレーズをもってきて聞いている。
そう、節水型6リットルで流せますかってやつですね。
このピュアレストEXも節水型。
決まりです。
見積もりに入っていたINAXのタンク付トイレと交換。
価格は定価では何万円か違ってたけど納価は数千円アップだけですみました。

ということでやってきたものはこちら。
これはカバーがまだついてないとき。
a0116387_4575719.jpg

こちらはカバーがついた状態です。
a0116387_4581471.jpg

色は一番白いシロじゃなくて、アイボリーっぽいものを選びました。
トイレの雰囲気とあっててよかった。
ただ、残念なのは、トイレがあと少し奥行きが小さかったら
洗面所とわけてる扉を開けっ放しにしても
便器がみえなかったのに、ということ。
ほんの数センチが見えてる。角度によってはみえない。
トイレの窓がみえると、かなり明るい洗面所になるから
普段”空き”のときは、扉をあけて使おうかしら。


↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓

[PR]
by onbuusagi | 2009-05-07 05:06 | 家づくり
<< ハンコおしたーい! 洗面器は家事仕様で >>