和室はジュラク塗り
室内は基本的に珪藻土塗り。エコクイーンです。
和室も普通は珪藻土。
リビングと同じ仕上げ、珪藻土にしてつながりをだすのもいいけれど、
一階の和室はお化粧をして、ちょっと威張った感じにしたいと思ってた。
カジュアルなタタミルームじゃなくて、”和室”らしい和室に。
それに、珪藻土の鏝でおさえてあるような質感より、
旅館にあるような、少し盛り上がった風合いがいい。
となると、ジュラク。
インテリアコーディネーターさんがもってきてくださった資料をみると
エコクイーンよりはるかに色数が豊富。
その中から、和室によくある緑色風を選びました。
緑とヒトコトでいってもいくつか種類があって、
正方形2センチほどの小さな色見本では
どんな感じになるのかちょっと不安。
しかも色見本は印刷物だし、これが部屋の壁一面塗った状態だと?
でもここから選ぶしかない。イメージどおりいくかしら。

で、塗った直後の写真。
a0116387_5515255.jpg

一日後ぐらい。まだ水分を含んでいるのか、色がまだらです。
でも色味は好み。

2週間後の写真。
a0116387_552731.jpg

あら、きれいになったじゃない!
左官やさんにお化粧してもらってよかったねぇ。
上の写真とまるで別のお部屋のようですが同じ部屋。
電気の線やコンセントもパネルもつきました。
大きく違うのは、日がいっぱい差し込んでたから。
掃きだし窓近くの仮設トイレの位置がずれたら、日がはいってくるように!
日が入るとカメラの反応が変わって、色調も変わりましたね。
色味は上の暗いときの写真のほうが近いかな。

実はジュラクにするときに不安だったことがもう2点。
一点は、色見本に”強力ボンド入り!”って書いてあったこと。
モロモロ落ちてこないように、ってことでしょうが、
においがすごかったらどうしよう、、、って正直不安でした。
この工務店は自然素材を中心に資材をセレクトしてるから、
できるだけ安全で自然な風合いのジュラクを持ってきてくれると勝手に思ってたけれど
ジュラクってボンドみたいなものをいれるのが一般的なんでしょうか。
でもいれずにモロモロこられたらやっぱり困るしなぁ。
そう思いつつ、塗って一日後の状態を見たところ、、、
ジュラクの風合いや色は、やっぱりわたし好み。
粒子が細かいタイプなのか、モロモロ感も少ない。
やってよかったな。
においも感じなかったし。少し安心しました。

もう一点は、掃除がしにくいのではないか?ということ。
でもね、珪藻土もどうやってするの?
左官壁の手入れってどうするんでしょうね。
クロスみたいに、年末の大掃除に洗剤かけてゴシゴシはできないだろうしなぁ。
これは後々の問題、ということで。



a0116387_1634166.gifそれでも左官壁なのは、風合いがすきなんですよねぇ。
左官壁派の方、ワンクリックお願いします!(ぶろぐむらへ)
 
[PR]
by onbuusagi | 2009-04-20 05:55 | 家づくり
<< キッチン据付 パナソニック リ... 足場が外れた! >>