施工店探し その4
さあ、先回に続いて建築家探しへ。

以前から人人ネットというサイトが気になっていたわたし。
その中から、またもや3人の先生を選び、
うち第一希望の先生へアポをとってみることに。
あくまでハウスメーカー希望の夫は、
「そんな”先生”といわれるヒトのところにいくなんて、、、
 専門的なことわからないし。」と及び腰。
そうね、”お客様”とよんで、打ち合わせ時間をあわせてくれて、
こちらの知りたいことを親切丁寧に対応してくれるほうがありがたい。
そんなハウスメーカーの対応は素敵だけれど
肝心の家がどうも納得いかない。
そして建築家の先生のところにも行ってみたい!
夫はしぶしぶ運転してつれてってくれることになりました。

場所は名古屋市千種区。
三河から名古屋の北東部に行くのは、
それなりに時間もかかり、子連れには大変なんですが、
いたしかたない。
オフィスは雑居ビル?の一角。小さなマンション。
たしか、伺った季節は秋。
ドアが開けっ放しで、入り口にうずまき型の蚊取り線香が細い煙をだしている。
なんだか不思議な感じ。

お弟子さんとおもわれる男性が珈琲をいれてくださり、
子供にはジュースと色鉛筆とぬりえを差し出してくれる。
おおっ、わかってるじゃん!ありがたい!!
というか、親のわたしが用意しなきゃいけないんでしょうけどね。
打ち合わせスペースには建築の本がいろいろ。
安藤忠雄、林雅子、あとは、、コルビュジエ?
細かくは忘れましたが、そんなビジュアル系建築雑誌がずらーーり。
さあ、先生登場。
とってもやさしい感じの語り口。
こちらのもっている土地の情報やスケジュールのことを話す。
家作りには1年ぐらいはみてほしい、とのこと。今からはじめれば間に合います。
なんとなく建替え希望でスケジュールが差し迫っていない場合とか
土地が大きい場合はプランがたくさんでてくるので
ますます時間がかかることが多いらしい。
設計料は●%から。ふんふん。
かなりお年が上の先生だけれど、なんだかしゃべりやすい感じだわ。
施工に関しては、先生とお付き合いのある工務店に頼むことが多い、とのこと。
よくみるローコストの雑誌では相見積もりするものだとおもってたけど
そうではないのね。
なんでも「図面をみて、わからなければ電話してくる。」あたりがいいらしい。
確実に図面どおり施工できるかがポイントなのか。
建築家の設計って細かいしまい方にクセがあるのかしら。
以前お施主さんに頼まれて地元の大工さんにお願いいたときは
「センセーの設計だと木がもったいない。」って
勝手に変更されてたことがあったとか。
「田舎の大工さんも腕はいいんですけどねぇ。
 建築家の家はたいてい低く作るもんなんですよ。」っていいながら、
コリゴリっていう感じ。

それと、先生の作品集を見せていただけることに。
やっぱり素敵だわー。この大きく屋根のかかった木造なんていいわあ。
この開口部のとり方とか。内装材の選び方とか。
これって建築の力なのか、それともプロの建築写真家の力なのか。
コンクリート打ちっぱなしのおうちなんて、
中に入っている家具とかもかなり高そう。
これは、、、お施主さんのレベルが高く、
わたしたち、価格的に手が届かないんじゃないのかしら。
「うーん、30代のお施主さんで確かにローコスト目指そう、
 っていってたおうちがあったけれど、結局坪70万かかったしねぇ。」
やっぱりそれくらいかかるんですかぁ?!
「このおうちもローコストでいこうってことで、
 キッチンもシンプルに設計したり
 いろいろしてたんだけど、やっぱり坪70万くらいしちゃって、、、。」
ははぁ、、、そうですか、、、。この大きな開口、木サッシだもんなぁ。
家が小さいから坪単価があがるのはわかるけれど、でも高い。
それにさらに設計料をお支払いするのは、、、
私たち予算は守ろう!できていますので、かなーり難しい。

ションボリしながら帰りましたとも。わたしだけね。
夫は、「やっぱセンセイと家作りは気を使って大変そう。」って
あきらめムードのわたしをみてほっとしているよう。
なんせわたしのお父さんに近いお年だしね。
打ち合わせも遠くなるし。難しいかな。
土地から購入していない方には建築家と家作り、
という選択肢はとても魅力的。
デザインのしかたが、気があいそうなのに~~。
でも私たちには、特に予算の関係で無理。

これで、建築家という選択肢は、放棄したわけじゃないけど
いったんお休み。

さあ、次どうする?
まったくアテがないのですが、、、。


a0116387_1634166.gif住まいランキングに参加中デス。
ワンクリックお願いします!(住まいランキングへ)
 
[PR]
by onbuusagi | 2009-03-18 10:20 | 家づくり
<< 坪単価 施工店さがし その3 >>