お金の相談に行ってみる その2
昨日の続きで。

その男性は続けてこういった。
「1時半から予約のお客様がいらっしゃいますので、2時半にまたきていただけますか?」
おっ、一時間ほどどこかで待てと。
う~ん、近くに商業施設もあるし、待ってみるかー。
「それではまた2時半に…。」といったん外へ。外は、、、寒い。

1時間後、再び銀行へ。
”お客様担当”の男性は相変わらず電話がお忙しい模様。
近くで同じ系列の不動産会社がマンション完売させてたから
その住宅ローン手続きがピークなのかしら、と勝手に推測。
ぼーーーっと待ったあげく、ようやく「お待たせしました。」と登場。
「ではこちらにお名前、住所、電話番号をご記入ください。」
と差し出されたのが
a0116387_9435584.gif

わたしも学生時代お世話になった大学ノート。”ご相談シート”じゃないのね。
書いた後は、行員さんからのヒアリング。
購入する土地、建物、諸費用の金額や
年収、希望の借り入れ金額や毎月返済額、、、など。
わたしが話す数字をノートに書き込む行員さん。
特に繰り上げ返済をメインでいきたいことを強調し、
「毎月の支払いより繰り上げ返済でガッチリ返していきたいんです!」
と気合をこめたついでに
「毎年○万円、いや●●万円くらいのペースで!!」
おっと、若干多めに金額をいってしまった!
これは自分のなかにある見栄?!(というのか。)
それは無理でしょ、って鼻で笑われたらどうしよう!!
すると、金融電卓をパチパチたたち、
「ふーん、毎月の返済額を○万円、
 年収の返済負担を○%とすると、無理ではない金額ですねぇ。うん。」とご納得の行員さん。
あれ、大丈夫なの?ちょっとだけほっとする。

お得情報は突然やってきた。
「うちオフレコなんですけれど●●なら、-●%でご利用いただけるんですよ。」
き、きたーーーー!オフレコオトク情報!!金利低っ!
(2009年1月の話です)。
やっぱ情報はインターネットだけじゃないんだわ。きてよかった。
まだこの銀行にするかどうか決めてないけど。
わたしの希望が10年固定特約付きだというので
仮に金利2%で借りた場合の試算をひたすら電卓をはじき、
ノートに書き込む。
a0116387_94315100.gif

パソコンでチャチャチャーっ、とシュミレーションでださず
金融電卓で打ち込むのがこの人の流儀なのかしら。

「他の銀行さんで検討してらっしゃるところはどこですか?」
とおっしゃるので
「UFJと大垣共立と労金です。」と素直に話す。
するとUFJと労金はよくご存知らしいが、大垣共立はわからないらしく
インターネットでサービス内容を確認。
で、繰上げ返済についてのしやすさチェック表をノートに書き込む。
金利比較表もノートに書き込む。
「金利をみると、うちは大垣さんに勝てないですね。」とあっさり。
「でもお客様がお得になるのはこの返済パターンだと思いますし
 それだったらうちも金利低いし、ネットで繰り上げ返済利用できるので便利ですよ。」
それから、3時をとうにすぎたけれど
他の返済プランもいろいろ提案していただいて、
4月までの金利情勢の個人的なご意見もいただき、
赤ちゃんの相手を女性の行員さんや守衛さんにしていただき、
さらには
「借り入れまで時間があるので4月に金利見て、またお越しください。
 今は住宅ローン探すより、建築中の家をみはっておいたほうがいいですよ。」
とまで助言をいただき、その銀行をあとにしました。
大学ノートのコピーをいただいて。

なんていうか、ちゃんと相談してもらった感じがしてとてもよかった。
今まで商品の説明中心の相談が多かったけれど、
今回は提案が多かったのが自分にあってたのかな?
自分でも住宅ローンを調べたり、本読んだりしていたけれど
たくさん住宅ローン取り扱った方にみてもらうのもいいもんだなー。
相談は、「個人情報を話すのに抵抗がある」といっているネット銀行もあったけれど
いやー、相談もなかなかいいもんですよ。はい。



a0116387_1634166.gif住まいランキングに参加中デス。
ワンクリックお願いします!(住まいランキングへ)
 
[PR]
by onbuusagi | 2009-03-07 09:45 | 家づくり
<< 元旦ビューティー工業 お金の相談へいってみる その1 >>