土地がない
「いやー、この辺、ホントにご紹介できる土地が少なくて…。」
はじめていった横浜にある日本最大級の住宅展示場。
申し訳なさそうに話すのは北海道出身だという営業マン。
私たちの若かりし時代、横浜に住んでいたとき、
小さい子供を喜ばせようと、週末になるとあちこちでかけていた。
”子犬がやってくる!”イベントめがけて展示場にいったはいいが、
やはり”家探し””家作り”の話題はさけられず、
「横浜で家買うとしたら、どんな感じなんでしょーかねー。」と
夫が聞いたところさっきの営業マンの言葉。
はあぁぁ、やっぱり、と夫も私も深くうなずく。
だって、すごいもの。
見渡せど山や田んぼ、畑もほとんどなく
住宅地ばかり。
モト丘?なのか山なのか、急な斜面で
ええっ、そんなところに家建てるの?というところにまで立っている。
さすが首都圏、人口が流入し続けると
宅地がこれだけ広がるのかと驚くばかり。
なので、土地がない、という言葉、これ以上の宅地開発は
かなり難しそうなのは私たちでも納得する。



場所が変わって、愛知県豊田市の住宅展示場。
a0116387_2051335.gif

うへぇええ~~??
こんな田んぼや山、緑あふれる場所で、一番近い家はどこ?!
ってくらいなのに、土地がない?最初はなんの冗談かと戸惑った。
でもね、田んぼって「すぐ宅地にできるじゃない。」って簡単に考えてたけど
そう簡単に宅地にならないみたいね。
米を育てれば収益があがるし。田んぼは利益が上がる土地。
宅地に転換しようとおもえば、わりと簡単にできる。だから手放さない。
”山”や”丘”のような、木が生えていて
そのままだと価値がない土地なら話は別。
簡単に宅地にできない。
そこに開発のお声がけがあれば、土地をうって利益をあげるチャンス!、
宅地になる可能性が高い。
だから、新興住宅地は山沿いや丘に立つのねー。
というのが、土地探しをしていて、
どちらかというと”山”に近い地形の土地を買った後に気がついたこと。
「土地はない」、でも「土地をつくる」。
別に知っていても土地探しが有利になるわけでもないですけどね。
こういう流れ、家作りをしなきゃ知らなかったことだろうなぁ、と
つくづくおもう。勉強、べんきょー。
[PR]
by onbuusagi | 2009-02-17 20:53 | 家づくり
<< 表札ドロボー 電話。 >>