花粉症が楽になる場所
a0116387_15105838.gif

「ねぇ、花粉がない場所ってないのかなぁ?県内に。」
昨日あたりから、ぐずぐずが激しくなってきた夫。
チーム森田の“天気で斬る!”にて、
春一番の南風で関東から九州にかけては一気に本格的な飛散となりました。花粉症の彼氏にはチョコとマスクをプレゼント!?してあげて下さい・・・。
とありましたが、まさにこのとおり。
去年買いだめした残りのマスクを探し出すハメに。
せっかく暖かくなってきて喜ばしいこの季節、
花粉症はみているだけでもつらいもの。
「あったら絶対引っ越すのにー。」
「そんな場所ないでしょー。県内どこもいっしょだよ。
北海道ならスギが少なくってほとんど症状でないらしいけどね。」
そういった後、思い出した。




去年、夫が
「関東にいたときよりも、こっちに引越してからのほうが症状が楽みたい。」
といったのだ。
オレの体、花粉症克服しはじめてんのかなー、とうれしそうに。
「たまたま引っ越した後、飛散量が少ない年にあたったからでしょー。」
と流していたけれど、地域差ってそんなにあるものかしら。
植林された場所と春の風向きはおおよそ決まっているのだから
あるかもしれない!

環境庁の花粉観測「花子さん」の過去データによると

愛知県(場所:愛知県環境調査センター)
H18 30.7
H19 49.0

神奈川県(以前住んでいた県です 場所:神奈川県庁分庁舎)
H18 37.2
H19 37.3

数字はm2あたりの花粉の個数。…、
愛知と神奈川、あまり変わらないですね。去年はむしろ多い。
夫の「引っ越して楽になった。」説危うし。

では愛知県内では違うのか?!
愛知県衛生研究所によると

H19の飛散量
尾張地区・・・・・・・・3,141 (名古屋)
西三河平野部・・・・1,126 (刈谷)
東三河平野部・・・・3,163 (豊川)
三河山間部 ・・・・6,420 (設楽)

こちらはcm2あたりの花粉の個数なんですが、、、
西三河平野部、刈谷は低いですね!!
今住んでいる三河平野に当てはまるので、
花粉飛散量は名古屋市の1/3。神奈川県と比べても低い!
やはりこの辺は県内では飛散量が少ない様子。
「引っ越して楽になった。」説は正解かも。
土地探しをするなら、
花粉の飛散量をみる、っていうのもありかもしれません。

さて、今家をたてているので
この春がすぎれば三河平野から名古屋市へお引越し。
どんどん花粉で体調が悪くなる夫にいうべきか、いわざるべきか。

a0116387_1634166.gif”住まい”と"絵日記”ランキングに参加中デス。応援クリックお願いします!
【住まいへワンクリック!】 【絵日記へワンクリック!】
[PR]
by onbuusagi | 2009-02-16 14:21 | 家づくり
<< おうちをつくろう。 家の記憶 台所 >>