三河材で補助金あります。
材料検査のとき、新城で撮った写真より問題。
これはスギとヒノキ。
さあ、どちらがスギでしょうか?
a0116387_647761.jpg




正解は左。
芯の赤色がつよいものがスギ。
全体が黄色っぽいのがヒノキ。
あ、簡単でした?
家作りをする2年前はこんなこともわかりませんでした。わたし。
こんなに木に関して無知なのに、
「なんか木の家っていいかなー。」と選んでしまった私…。

そうそう、木の家のはっきりとした特典、思い出しました。
”三河育ちの木”を使って家を建てると補助金がでるんですよ。
その額なんと10万円。
年度末にさしかかる1月ごろ申し込んだけれど、
限定数に間に合ったみたい。
これって、かなり知られていない制度なの?
以下、愛知県庁のホームページ三河材の利用促進から引用。

●補助対象となる条件は
1. 申請者自らが居住するための住宅で、県内に新築されるものであること
2. 延べ床面積が109平方メートル以上の在来木造住宅であること
3. すべての柱材(間柱を含む)に認証された三河材を利用すること
4. 県が実施する認証された三河材の普及啓発に協力できること
5. 当該の年度内に棟上げを済ませること

●補助対象となる助成額は
  一戸当たりの助成額は10万円です。

●補助対象となる住宅の戸数は
  事業の対象となる住宅は年間100棟です。

ナヲミングさんとこの、有吉さんも地元材つかってらっしゃるから
やはり案内があったもよう。
補助金の申請は、
施主であるわたしたちが県に申し込むのではなく、
木材供給会社と施工店の協力が必要みたい。
地元の木にこだわって施工している会社なら
この制度を案内してくれるとおもいます。
当たり前の話ですが、
この辺で有名な”東濃檜”は岐阜県材なのでだめですよ。

三河材はブランドはないですが、”隠れた良材の産地”らしい。
10万円ゲット目指して、三河の木の家どーですかー??
[PR]
by onbuusagi | 2009-02-15 06:52 | 家づくり
<< ご近所さんへ挨拶 暖房設備 OMソーラーか薪ストーブ >>