レンジフードとフィルター
a0116387_1002977.gif

レンジフードの油煙吸い込み口の手前に必ずあるフィルター。
最近のものは
フィルターの手前に”整流板”というものを設けています。
レンジから油をふくんだ暖かい気流がわきあがる。
すると、真上の整流板に油煙がぶつかる。
整流版の上部にすきまがあり、そこでファンが空気を吸い上げているので
空気はそっちへ一気に逃げる!
ファンはやってきた空気をググっっと一気に捕獲!
という方式をとっているらしい。
わたしが周ったショールームでは必ずそういうタイプを一基は備えていました。
だから、「普段のお手入れは整流版だけですよー。」とショールームのお姉さん。
ああ、進化ってすてき!

それでもフィルターのお手入れはたまには必要。
親水基塗装がついたフィルターだとお手入れは楽らしいです。

でもこちらのブログで換気扇のフィルターは耐熱温度が低くて食洗機で洗えなかった・というのを聞いて、はっとしました。
ささっとあらって、食洗機につっこんで仕上げ洗いをしてもらう予定をしていたのに
耐熱温度がだめなんて!
油汚れこそ、超高温で洗ってしまったほうが
油がしっかりとけて、余計なお湯をタップリ使わずに済んでエコらくなのに~。

今度ショールームの方に「本当にダメなんですか?」と聞いてみよう..。
[PR]
by onbuusagi | 2009-02-03 10:02 | 家づくり
<< キッチン再び…ステンレスカウンター 回る洗濯物干し? >>